第3世代のアキュラMDXがニューヨークでデビュー

公開 : 2013.03.21 13:36  更新 : 2017.06.01 01:49

アキュラは7シーターSUV、MDXの第3世代モデルをニューヨーク・モーターショーで発表する。この新しいMDXは、より改善された燃費と、優れた空力性能、そしてよりアレンジ幅のあるインテリアを特徴とする。

より長くなったホイールベースのお陰で、3列目シートへのアクセスも容易になり、2列目シートのレッグ・スペースも大きくなったとアキュラはコメントしている。また、同時に乗り心地の向上にも寄与しているという。

エンジンは、フェイスリフトされたMDXに搭載される可変シリンダー・マネジメント(VCM)を持つ3.5ℓのi-VTEC V6が搭載される。

4WDは、ホンダのスーパー・ハンドリング・オールホール・ドライブ(SH-AWD)が標準で、FWDが初めてオプションとして設定される。

また、この第3世代のMDXは、優れた安全装置を装備しているのも特徴。レーン・キーピング・アシスト・システム、アダプテック・クルーズ・コントロール、ブラインド・スポット・インフォメーション、リアビュー・カメラなどが標準で装備される。
 
 
ニューヨーク・モーターショー特設ページ

関連テーマ