ジャガーF-タイプ V6

公開 : 2013.04.18 20:00  更新 : 2017.05.29 18:38

■どんなクルマ?

ジャガーF-タイプのエントリー・レベル・モデルがこのV6で、その価格は58,500ポンド(873万円)だ。しかし、エントリー・レベルといっても、必ずしもベーシックなクルマではない。というのも、エンジンは、336bhp/6500rpm、45.9kg-m/3500-5000rpmのパワー、トルクを発揮するスーパーチャージャー付きのV6エンジンで、これに高価なZF製の8速オートマティック・トランスミッションが組み合わせられたモデルであるからだ。

ボディはアルミニウム製で、その重さは1597kg。上級モデルのV8Sに電子制御、V6Sにメカニカルが装備されていたリミテッド・スリップ・デフがこのV6には装備されなく、タイヤは18インチとなる。しかし、それが原因で、一般路上で極端なマイナスを生み出すことになってはいない。

■どんな感じ?

愉快なV6Sでも持ち得ない繊細さがV6にはある。ステアリングはスウィートで、視覚的にはぱっとしない18インチ・ホイールとピレリPゼロの組み合わせも、乗り心地を快適にすることに寄与している。

0-100km/h加速は5.3秒というタイムは、それでも充分に速く、V8Sほどの暴力的な過加速はないが、景色は美しく流れていく。ジャガーの新しい顧客にとっては印象深いスピードだと思われる。というのも、ジャガーはF-タイプの顧客の85%は、ジャガーにとっての新しい層であると踏んでいるからだ。

V6は、そういった層に、グリップ、サウンド、スタイル、そして好ましさを上手く融合して提供するモデルと言えるだろう。

そのバランスはF-タイプの中でももっとも良いかもしれない。V8Sのようなオーバーパワーではないので、ハンドリング・バランスは極めて良く、ほとんどのコーナーで終始アンダーステアに徹する。他のモデルのようにリア・ホイールに伝えられたトルクによってオーバーステアに転じることがないのだ。コーナーの頂点から次の頂点まで滑らかに走り抜けることができる。純粋に、そのステアリングと乗り心地はポルシェ・ボクスターと同程度のレベルにあると感じられた。

ギアボックスもV6の性格に良くマッチしている。そのクイックシフト8速オートマティックは、デュアル・クラッチと比較しても遜色がない。

■「買い」か?

F-タイプV6は、実際ドライブしてみると、存在すると思わなかった隙間に落ち着くクルマだった。価格設定においては、911の下で、ボクスターの上となる。

その上位モデルに比べると、それを越える魅力を持つかどうかは別となるが、それでもステアリング、ハンドリング・バランスにおいては3モデルの中でも最も良いと言えよう。

(スティーブ・サトクリフ)

ジャガーF-タイプ V6

価格 58,500ポンド(873万円)
最高速度 260km/h
0-100km/h加速 5.3秒
燃費 11.1km/ℓ
CO2排出量 209g/km
乾燥重量 1597kg
エンジン V型6気筒2995ccスーパーチャージャー
最高出力 336bhp/6500rpm
最大トルク 45.9kg-m/3500-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

 
最新試乗記