アウディRS7スポーツバック

公開 : 2013.07.18 19:30  更新 : 2017.05.29 18:18

■どんなクルマ?

アウディRS6アバントに続き552bhpの4.0ℓのV8ツインターボ・エンジンを搭載するモデルが、このRS7スポーツバックだ。トルクも71.3kg-m/1750-5500rpmと強大で、8速のオートマティック・トランスミッションを備え、4WDシステムを持つ。DTMサウンドを響かせながら0-100km/h3.9秒という俊足マシンである。

そのパフォーマンスでは、BMW M6グランクーペ、メルセデス・ベンツCLS63 AMG、ポルシェ・パナメーラ・ターボなどとライバル関係となるが、その中でも0-100km/h加速が4秒を切るのは、このRS7スポーツバックだけである。

RS7スポーツバックは、アジャスタブルなエア・サスペンション、10%の燃費向上が望めるシリンダー・ストップ・システムを装備し、最高速度は通常だとリミッターの効く250km/h。オプションのVマックス・ブースティング・ダイナミック・パックを装備すれば、280km/hまたは305km/hにトップスピードを設定することもできる。

クアトロ・システムは、通常リアに60%のトルクを配分するが、リミテッド・スリップ・デフとトルク・ベクタリングが必要に応じてその配分を変える。また、エア・サスペンションに代わってダイナミック・ライド・コントロールもオプションで選択できる。またカーボン・セラミック・ブレーキもオプションで選択できる。ちなみにテストしたモデルにはマット・デイトナ・グレーにペイントされたカーボン・セラミック・ブレーキが付けられていた。

■どんな感じ?

ダイナミック・モードを選択すれば、とてつもないサウンドを伴ってシフトアップしていき、まさに雷のような加速を見せる。少なくともドライな路面であれば、地平線がぐんぐんと近づいていく感覚が襲い掛かることになる。

多くのハイエンド・アウディ同様に、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)はコンフォート、オート、ダイナミックの3モードが用意されるが、これはサスペンション・セッティングだけでなく、加速やステアリング・セッティング、シートベルトのプレテンショナーまでも変更が行われる。このセッティングには若干の奇妙な面もある。例えば、コンフォート・モードでフルパワーをかけると、トルク・ステアのようにステアリングがのたうち回ることがあるのだ。残念ながら、どんなセッティングを選んだとしても、DRCはドライバーが望むほどのフィードバックを伝えてくれない。

DRCはピッチやロールを低減することには寄与するが、その反面、乗り心地が犠牲になる。特に21インチのホイールを履くモデルであれば尚更だ。その乗り心地はあまりに固いため、アウディのシャシー・エンジニアであるDr.ホースト・グレーザーは、英国ではこのオプションを選ばないようにという忠告をしている。もちろん、ドイツのような滑らかな路面の多い国では、このDRCを選択することは間違いではない。

このサスペンションはサーキットで走行するのに最も適したアシであるとグレーザーは語っている。RS7スポーツバックのありあまるパワーを生かすのには、サーキットという舞台、あるいは本当のオープン・ロードかもしれない。実際、通常の道ではそのパフォーマンスを充分に味わうことができないのだ。

また、本当に右足に込める力のバランスでマシンをコントロールする楽しみは、AMG、BMW、そしてポルシェの方が優っているといえるだろう。

■「買い」か?

確かにRS7スポーツバックのパワーは有力な武器だ。高速道路などでは、そのパワートレインは本当に頼もしい力を発揮してくれる。また、ハイウェイ・クルージングでは快適なモデルでもある。

それでも豪華で優雅なハイウェイ・エンターテイメントを望むのであれば、古典的なフロント・エンジン・リア・ドライブのBMWやメルセデスの方がより楽めるといえる。RS7スポーツバックの魅力は、その卓越したパワーにのみあるような気がする。そして、RS7を選ぶのであれば、DRCはオプションとして選択しないことが重要だ。

(リチャード・ブレムナー)

アウディRS7スポーツバック

価格 £83,495(1,265万円)
最高速度 250km/h(280km/h、305km/hはオプション)
0-100km/h加速 3.9秒
燃費 10.2km/ℓ
CO2排出量 229g/km
乾燥重量 1995kg
エンジン V型8気筒3993ccツインターボ
最高出力 552bhp/5700-6600rpm
最大トルク 71.3kg-m/1750-5500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記