ジャガーSUV、フランクフルトでデビュー

公開 : 2013.09.03 12:18  更新 : 2017.06.01 02:15

ジャガーはフランクフルト・モーターショーでクロスオーバー・コンセプトを発表するとリリースした。

C-X17とネーミングされたこのコンセプト・モデルは、ジャガーの新しいアルミニウム・モジュラー・アーキテクチャーをベースにする。ジャガーはこのコンセプト・モデルについて、多くを語っていないが、「ジャガー・ブランドの革新的な将来を支えるモデルで、このモデルを中心に様々なモデルが展開されることになるだろう。」とコメントしている。

今後4年以内に、ジャガーのすべてのモデルがアルミニウム製となる予定だが、このC-X17はその最初のモデルになるという。間もなく発表されるベビー・ジャガーは、この新しいプラットフォームを使い、次世代のXFにも採用される予定だ。このプラットフォームは全長4.5〜5mに対応可能という。また、サイズ・アップしたバージョンは、少なくとも5.2mまで対応が可能で、新しいXJや次のディスカバリーに採用されることとなる。

新しいアウディA4が、新しいアルミニウム製MLBプラットフォームで来年登場する予定であり、ジャガーもできるだけ早くアルミニウム・アーキテクチャーを採用したいと考えているようだ。また、次世代のBMW 7シリーズもオール・アルミで登場する予定だ。

関連テーマ

 

人気記事