フランクフルト・モーターショー:フォード・モンデオ・ヴィニャーレ

公開 : 2013.09.11 18:10  更新 : 2017.06.01 02:15

フォードは、より高級なモデルとしてヴィニャーレというサブブランドを、フランクフルト・モーターショーで公開されるモンデオ・ベースのモデルからスタートする。このヴィニャーレは、エクステリア、インテリアをラグジュアリーなものにしたモデルだ。

ヨーロッパのセールス・ボスであるローラント・デ・ワードは、「ヴィニャーレは多忙で考えることの多い人々を狙う」と言う。

2015年前半の新しいモンデオの一部として展開され、S-マックスやエッジSUVにも拡大する計画があるという。価格は現在のフォードのトップ・トリムであるタイタニウムXよりも10〜15%高くなるという。

フォードのヨーロッパ・デザイン・ディレクターであるマーティン・スミスは、ヴィニャーレはフォードのDNAを受け継いだアップマーケット・バージョンであり、インピレーションを受けた現代的なインダストリアル・デザインとアーキテクチャーが採用されたモデルだと語っている。

エクステリアは、新しいクロム・グリルとLEDヘッドランプ、ユニークな20インチ・アロイホイール、クロム・ドア・ハンドルとミラー・カバー、そしてヴィニャーレのエンブレムを持つ。

インテリアはキルト風の本革シートを持つ。本革はセンター・コンソール、ダッシュボード、ドア・インナー、ステアリング・ホイールにも採用される。また、スリムなヴィニャーレのバッヂが付けられてストレージがトランクに装備され、ハイファイのステレオ・システムも標準装備となる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事