【新型Sクラス 日本へ】M・ベンツ日本、W223型を発表へ 8年ぶりのフル・モデルチェンジ 1/28にオンラインで

公開 : 2021.01.20 11:00

メルセデス・ベンツ「新型Sクラス」が、1/28に日本発表されることが判明。フル・モデルチェンジされてW223型に。欧州では自動運転レベル3に対応します。

自動運転レベル3も

メルセデス・ベンツ日本法人が、フラッグシップ・セダンの「新型Sクラス」を、1月28日正午にオンラインで日本発表すると明らかにした。

現行型は、2013年に日本導入がはじまったW222型。グローバルで50万台超えの販売を数える。

メルセデス・ベンツ日本の新型Sクラス・スペシャルサイト内に掲載されている予告画像。
メルセデス・ベンツ日本の新型Sクラス・スペシャルサイト内に掲載されている予告画像。    メルセデス・ベンツ日本

8年ぶりにフル・モデルチェンジされた新型は、ボディ構造を全面的に再設計。

欧州仕様では車重を従来型よりも60kg軽量化しながら、ボディ剛性は高まっている。

また、自動運転レベル3の自律走行を実現する「ドライブ・パイロット」を2021年後半から欧州で導入する予定。渋滞時・高速道路での適切な条件下において、ハンズオフでの走行が可能となっている。

「現代に求められるラグジュアリー」を再定義するという新型のオンライン発表は、メルセデス・ベンツ日本の新型Sクラス・スペシャルサイトで発信され、誰でも見ることができるという。

関連テーマ