アストン・マーティンにはAMGバッジは付かず

公開 : 2014.02.04 19:50  更新 : 2017.06.01 02:14

メルセデス・ベンツの代表、ピーター・ゼッツェによれば、メルセデス・ベンツとアストン・マーティンの関係は、極端に密接なものではないと語った。ゼッツェは、将来的にもアストン・マーティンにAMGのバッジが付くことはないとコメントした。具体的には”Powered by AMG” のようなものはありえないということだ。

「アストン・マーティンとの微妙な関係性は、われわれにとってもプラスになる。それだけで充分だ。」とゼッツェは、先週ミュンヘンでAUTOCARに語っている。

「将来の製品計画はアストン・マーティン次第だ。われわれは、現時点ではエンジンと電気系のコンポーネンツを共有するという同意書にサインをしただけだ。」という。

しかし、ゼッツェはメルセデスのシャシーが今後その同意書に含まれる可能性も示唆している。というのも、アストン・マーティンのVHシャシーは既に今年で10年めを迎えることになる。ベントレーやフェラーリ、ポルシェに対抗するシャシーを開発しなくてはならない時期に来ているのだ。そのための投資は莫大なものになる。そのため、メルセデスのシャシーを使うという選択肢もあるのだ。

「しかしそれを決めるのは彼らであって、われわれはその話を慎重に聞くだけだ。」ともゼッツェは語っている。

関連テーマ