ヒストリックカー・ランチ・ミーティング2014

2014.02.02.

text & photo:Shunichi Uchida (内田俊一) photo:Chizuko Uchida (内田千鶴子)

 
1980年までに生産されたクルマ及び同型車、主催者側が認めたクルマが参加可能のイベント、ヒストリックカー・ランチ・ミーティング2014が、2月2日に葛西臨海公園駐車場で開催された。企画開始から1か月半程度での開催になった、と主催者は言うが、エントリー台数は380台を数え、当日も大盛況であった。

「新年のあいさつと親睦を兼ねて、公園で昼食をとりながら気軽に集まれるランチミーティングとして開催したい」と主催者が話すように、会場のあちらこちらでは新年の挨拶を兼ねたBBQなどが行われた。さらに、主催者も来場者に向けて鍋を用意するなど、参加費無料とは思えない程、ホスピタリティにあふれたイベントであった。

  • ずらりと並んだロータス・ヨーロッパTECHNICAL SHOP HAPPYのお客様。

  • ADO16の各タイプがずらりと並んだ。端正なスタイルが魅力だ。

  • 続々と集まるアルピーヌルノーA110たち。

  • ランボルギーニ3体。ミウラ、カウンタックLP400、カウンタック5000QV。

  • ワンちゃんと参加したミニ。ペットも一緒に参加できるイベントだ。

  • メッサーシュミットとその奥にはイセッタとバブルカーが続く。

  • オースチンヒーレークラブオブジャパンは、クルマの後ろで新年ミーティング。

  • レーシーなフィアット・アバルト750デリバリジォーネとフィアット500。

  • カントウ ミニクラブは素敵な看板とオブジェ共に参加。

  • 今や貴重なフォード・マスタングⅡマッハI。オリジナルの美しい姿を保っている。

  • 最近見かけなくなったポンティアック・ファイアーバード・トランザムも参加。

  • トライアンフ・スタッグはイタリアのミケロッティがデザインを担当した。

  • 超カルトなブラジルで生産されたフォルクスワーゲン・カルマンギアTCも参加。

  • そこそこやれた感じが雰囲気のフォルクスワーゲンタイプ2のアンビュランス。

  • カフェレーサー風にモディファイされたボルボP1800もやってきた。

  • 1964年型のコロナ・デラックス。このクルマもオリジナルの姿を保っている。

  • とてもきれいな日産スカイライン・ワゴン。ホイールキャップまでオリジナルだ。

  • とてもきれいなプリンス・グロリア・ワゴンが姿を見せた。

関連テーマ