ガムパート・エクスプロージョン

公開 : 2014.03.04 21:55  更新 : 2017.06.01 02:14

4WDの2シーター・スポーツ、ガムパート・エクスプロージョンがジュネーブ・モーターショーでデビューした。

ドイツはインゴルシュタットに居を構えるニッチなメーカー、GSMガムパートによって開発されたこのモデルは、カーボンファイバーとグラスファイバー、そしてアルミニウムで形成されたシャシーと、チューブラー・フレームをベースにする。

「モータースポーツを愛する人々のために、ラリーカーにも似たドライビング・フィーリングを伝えたかった。」と社長、ローランド・ガムパートは語っている。

エンジンは4気筒の1984ccで、420bhp/6450rpmのパワーと、53.0kg-m/4550rpmのトルクを持つ。トランスミッションは6速パドル・シフトか6速マニュアルが選択可能だ。

そのパフォーマンスは、0-100km/h加速が3.0秒、最高速は300km/hになるという。

このモデルはジュネーブ・モーターショーのための最初の生産モデルで、実際の生産は今年後半から初められる。価格は€105,0,00(1,460万円)だ。

▶ 2014 ジュネーブ・モーターショー

 

人気記事