スズキ、バンコク国際モーターショーにセレリオを出品

公開 : 2014.03.25 18:09  更新 : 2017.06.01 02:13

スズキのタイ子会社であるスズキ・モーター・タイランド社(SMT社)は、3月25日より開催されている第35回バンコク国際モーターショーにセレリオを出品した。

セレリオは、2013年11月のタイモーターエキスポに出品したコンセプトモデル「A:Wind(エーウインド)」を市販化したグローバルコンパクトカー。車体の構造やレイアウトを見直し、コンパクトな車体ながら広い室内空間と荷室容量を実現したパッケージングに、開放感のあるインテリアとエクステリアのデザインを採用している。

新開発の5速マニュアルトランスミッションに加え、自動変速機が主流のタイ市場向けに副変速機付CVTの2種類のトランスミッションを用意し、新開発1.0ℓエンジンと組み合わせることで、タイ政府が推進しているエコカープロジェクト適合車の燃費条件である5ℓ/100kmを達成した。

スズキは、2012年3月よりSMT社でエコカープロジェクトに適合する小型車「スイフト」の生産・販売を開始し、2013年は約5万台を生産した。2014年5月よりスイフトに続く適合車として「セレリオ」を生産する。さらに、2014年後半に発売の欧州向け「セレリオ」の生産を開始する計画である。

関連テーマ