ダイムラーとBYD合作のEV、デンツァ

公開 : 2014.04.25 21:20  更新 : 2017.06.01 02:13

ダイムラーと中国のBYDのジョイント・ベンチャーは、北京モーターショーで新しいEVモデル、デンツァを発表した。

デザイン、エンジニアリングと生産が中国行われたモデルで、価格は£35,700(614万円)、政府からの補助金を差し引くと£24,000(413万円)となる。

搭載されるモーターは117ps、29.6kg−mで、最高速度は150km/h、航続距離は300km/hだ。バッテリーは47kWhをフロアに搭載する。

ダイムラーとBYDは、デンツァは18ヶ月、120万kmのテストを行ったという。また、C-NCAPテストで5スターを獲得した初めてのEVであるともいう。

ベースはメルセデス・ベンツBクラスで、2つのトリム・レベルが用意される。エグゼクティブ・トリムは、アップグレードされた音響システムとキセノン・ヘッドランプ、そしてナビゲーション・システムが装備され、ライフスタイル・トリムでも本革シート、18インチ・ホイール、セントラル・インフォメーション・スクリーンを装備する。

デリバリーは9月から行われる予定だ。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像