デンツァ

公開 : 2014.09.01 23:30  更新 : 2015.06.16 17:03

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーと中国BYDが手を組んで開発をしたデンツァは、セミ・ノッチバック型の実用性の高い電気自動車だ。中国の補助金制度を適用させれば安く購入することができる点も重要なポイントである。

ベースとなったメルセデス・ベンツBクラスよりも長いホイールベースを持ち、幅やオーバーハングも延長されている。その結果フルサイズのスペア・タイヤを載せた上で460ℓの荷室を確保、キャビン全体の広さで言えばメルセデス・ベンツEクラスに匹敵するレベルへと進化した。

北京にあるダイムラーのデザイン・グループを率いるオリビエ・ブーレイ氏によってデザインされたスチール・ボディを動かすのはフロントに置かれたBYD製の電気モーター。その最高出力は117ps、最大トルクは29.6kg-mを発揮。0-100km/hタイムはメーカーの公称値で14.0秒、最高速度は150km/h(リミッター作動時)という。

BYD自動車の親会社であるBYD社が開発をした144個の電池からなる47.5kW/hリン酸鉄リチウム・バッテリーが電気モーターにエネルギーを供給する。

バッテリーは鋳造アルミニウム・ケースに格納され床下にマウントされている。公称値では平均で60km/hの走行時には335km航続が可能なのだそうだ。

 
最新試乗記

人気記事