スペシャルショップ・ナビ

E36型BMW M3、ABSランプ点灯修理 ユニット内がサビでスゴいことに


Jスクエアの永井です。
E36型BMW M3のお客様が、ABS修理でご来社いただきました。
このモデルのABSユニットはすでに供給終了ですので、交換には中古部品を探すことになります。
しかし、中古部品も壊れているか、交換してすぐ壊れてしまうケースが多いため、
長期保証のある当社でのオーバーホールをオススメしております。
 


入力されていた故障コードがこちらです。
・178 ソレノイドバルブ故障
・17 フロント左インレットバルブ故障
・24 フロント右アウトレットバルブ故障


点灯していた故障ランプです。
E36の場合はABSランプだけ点灯します。



エンジンルーム内の補機類を外し、ABSユニットが見えてきた時点で、
ブレーキキャリパーからフルードを抜き取ります。
E36の場合、ABSユニットの下にブレーキ配管が付いているため、配管を緩めると
フルードがボディに垂れてしまいます。すぐに水で流せばダメージもないのですが、
この方がフルードが垂れる心配もなく、キレイに作業もできます。


配線カプラーとブレーキ配管を取り外し、ブレーキマスターの横を通しABSユニットを抜き取ります。


ABSユニットのソレノイドバルブが錆びています。
ソレノイドバルブは通電していましたが、バルブとシリンダー壁がサビで一体化しており
このABSユニットは、修理して再使用できない状況でした。
 
 
そこで、お客様にご連絡、急遽中古部品を手配していただきました。
海外の中古部品サイトで購入していただきました。


海外から取り寄せたABSユニットをチェックしてみると、断線がありました。
そのままでは使えないため、このユニットをオーバーホールします。



ソレノイドバルブがサビかかっていました。導通はあったので使用できます。
6つのソレノイドバルブ全てのサビを落とし、○リングを交換して実装し直します。
 
 


ブレーキフルードのエア抜き作業を実施して、無事にABSランプが消え、
正常にABSが動作することを確認して、作業は完了です。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]