スペシャルショップ・ナビ

BR型スバル・レガシィ VCDユニット修理 修理待ちの間に代車でズーラシアにお出かけ


Jスクエアの永井です。
今回はBR型スバル・レガシィのお客様がVCDユニットの修理でご来店いただきました。

当日、代車のご用意ができたので、修理をお待ちいただいている間に以前から行ってみたかったという
ズーラシア動物園にお出かけされました。ズーラシアは当社から5キロほどの距離にありますので、
ABS修理の待ち時間でご利用なさってみてはいかがですか。
 


さて、入力されていた故障コードは以下の通り。
C00052 motor malfunction → (現在故障)VDCユニットオーバーホール 弊社の修理で対応
c0042 電源 (過去故障)→ 電源がうまく供給されていない
C0045 TCM malfunction(過去故障)→ 、VDCユニットの異常でTCMに一時的にエラーが入力されている。
 
VCDユニットを取り外す前にブレーキリザーブタンク内のブレーキフルードを抜き取ります。
ブレーキパイプを取り外した際にフルードが漏れてくるのを防ぐためです。


その後にブレーキパイプを外します。日本車なので10、12mmを使用します。



それからユニットを固定しているステーを外し、ハーネスのカプラーを外せば、VCDユニットが取り出せます。
製品自体はAte製ですが、BMW用などと比べると、基板部分の形が異なっています。


ABSユニット修理後、レガシィ用アタッチメントをブレーキリザーブタンクに取付け、
圧送してエア抜き作業を実施します。


診断機を接続する際に、足元に垂れ下がっているドライブレコーダーの配線が気になったので
結束バンドで処理しておきました。ブレーキの上にたるんでいたので、万一足を引っかけたら大変危険です。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]