スペシャルショップ

フィアット(ピニンファリーナ)124スパイダー リアダンパー交換、外してわかる、劣化ダンパーの動きは意外にも

SEEの西城です。

毎度おなじみのフィアット(ピニンファリーナ)124スポルト・スパイダーの続きです。まずリアダンパーを交換します。

お疲れ様のリアダンパー。

ダンパー自体はデフをちょっとだけ持ってあげれば外れるのですが、スプリングの中に納まっている格好なので、スプリングを外さないと取り外せません。外したリアダンパーですがフロント同様、抜けてスカスカなのではなく、動きが渋くなっていてカチカチでした。車体を手で押し下げると、スプリングが伸びるときにショックが『グニーーーーー』と鳴きながらゆっくり戻ります。

新品に交換

新しいダンパーは当然ながら動きがスムーズです。スプリング、軽く洗ったのですが、こうして見るとちょっと汚いですね。

リアの脚周り

リアの脚周り、錆がすごかったので軽くケレンしてからシャシブラックを塗っておきました。少しでも錆の進行を遅らせられればと。

デフ

ついでながらデフオイルも交換しておきました。思ったほど汚れてはいませんでしたが、色は赤っぽい茶色になってました。

お次はフロントの脚周りですが、リアほど簡単にはいかなさそうです。固着とかしてなければいいのですが。

SEE 〜automobile〜

神奈川県横浜市都筑区大熊町231
TEL/FAX:045-295-3684
営業時間:9:00〜18:00
定休日:木曜日・祝日の翌日
https://see-auto.com