スペシャルショップ

VWゴルフのABS修理〜コーディングへの流れを説明します


こんにちは、Jスクエアの永井です。
今回はフォルクスワーゲン・ゴルフのお客様が
ABS修理でご来店くださいました。
 
 

診断


入力されていた故障コードはこちら。

・1130 ABS作動あてはまらない信号→ABSリペアキット交換で対応(黒い基盤の部分)

ソレノイドバルブ、モーター部分は今回壊れていませんでした。
年式的にはそろそろ壊れる時期ですので、こちらはオーバーホールをします。
 
 

コーディングデータの抜き取り


新品のABSユニットの書き込みをするため、事前にVW診断機 VCDSを使用して
コーディングデーターを抜き取っておきます。
 
 

ABSユニット取り外し〜交換


ブレーキラインをはずしてABSユニット本体を取り外します。



  
基板部分を新品に交換します。



ABSリペアキット付属のシールも交換します。
以上で交換作業は完了です。
 
 

コーディング


今回は基板部分を交換したため、
ABSユニットのコーディングが必要になります。
 


新品ユニットのメモリにはコーディング情報が入っておらず「00000000」
となていますので、コーディングデータを入力します。
 


38桁のコーディング情報を入力します。
車両のモデル、年式、装備によって数値が変わります。
 


コーディングが成功したら、VAS診断機で数値調整・設定作業をします。
 



5桁のアクセスキーを入力して、設定項目に進みます。
 


アクセス権の解除が成功すると設定項目に進みます。
 


▲ input valvesの調整が成功した画面
 


▲ MCI valvesの調整が成功した画面
下記の6項目を全て設定して完了です。
・操舵角センサー
・横加速度センサー
・ブレーキ圧力センサー1
・縦加速度センサー
・油圧ユニットインテークバルブの基本設定 (Input Valves)
・油圧ユニット切断バルブの基本設定 (MCI Valves)

今回は基盤のみ新品交換。ポンプ部分はオーバーホールという内容になりました。
 
 

修理内容とコスト


弊社ではオーバーホール対応がメインですが、車種・年式・故障状況によっては
部分的に新品交換またはユニットごと新品交換になることもあります。
その場合でも部品を直接仕入れできること、工賃をお安く設定していることもあり、
ディーラーさんよりもコストを抑えることができます。
お気軽にご相談ください。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]