スズキ「新型スペーシア」にTV-KITが適合 カプラーオンで取付け

公開 : 2024.01.09 12:12

データシステムのTV-KIT(テレビキット)が、フルモデルチェンジした「スペーシア」「スペーシア・カスタム」に適合しました。

スペーシア・カスタムにも

自動車アフターパーツ・メーカーの「データシステム」が、新型スズキ・スペーシアに適合するTV-KITを発売した。

スペーシアはホンダNボックスと市場を争う軽スーパーハイトワゴンで、昨年11月にフルモデルチェンジされたばかり。

新型スペーシアにデータシステムのTV-KITが適合。写真はスペーシア・ハイブリッドX(オフブルーメタリック×ソフトベージュ2トーンルーフ)。
新型スペーシアにデータシステムのTV-KITが適合。写真はスペーシア・ハイブリッドX(オフブルーメタリック×ソフトベージュ2トーンルーフ)。    前田惠介

適合対象は「全方位モニター付きメモリーナビゲーション・スズキコネクト対応通信機搭載車」で、スペーシア、スペーシア・カスタムともに対応する。

本製品を装着することにより、走行中でも、同乗者が純正ナビのテレビを視聴できるのが魅力だ。

また、カプラーオンで取付けられるので、車両側の配線を傷つけないのもメリット。

テレビ映像の視聴を、付属スイッチでオン・オフできる「切り替えタイプ」、純正風スイッチを採用した「ビルトインタイプ」、スイッチレスで常時テレビが見られる「オートタイプ」の3種類をラインナップする。

適合車種/形式/年式

スズキ・スペーシア(カスタム含む)/MK54S・94S/R5.12~

TV-KIT品番/価格

KTV421(切り替えタイプ)
KTV421B-D(ビルトインタイプ)
KTA621(オートタイプ)

各2万1780円(税込み)

記事に関わった人々

  • 撮影

    前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事