ホンダ、F1参戦に向け記者会見を開催

2015.02.10

ホンダは、2015年シーズンからマクラーレン-ホンダとしてF1へ参戦するにあたり記者会見を開催した。会場にはホンダの伊藤孝紳社長をはじめ、F1プロジェクト総責任者の新井康久専務執行役員、マクラーレン・テクノロジー・グループのロン・デニスCEO、そしてドライバーのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンという豪華なメンバーが顔を揃えた。

伊藤社長はF1参戦の意義を、「第一に、F1という4輪最高峰のレースで、究極のエネルギー・マネジメント・テクノロジーを高めるのが目標。それを市販車に反映させることで、明日のホンダへと繋げていきたい。第二に究極の闘いを通じて人材を育てることができるのです。」と説明した。

F1のレギュレーションにハイブリッド・テクノロジーが採用されたことで参戦を決断したという伊藤社長は、「ハイブリッドは燃費だけでなく、クルマの楽しさを作り上げていくシステムだと考えている。つまり、われわれはチャンスを得たのです。」と語った。

また、ホンダとパートナーシップを組んで参戦するマクラーレンのロン・デニスは、「ホンダは非常に強いコミットメントをもったチーム。80年代のパートナーシップを是非再現したい。」と意気込んだ。

フェラーリから移籍しマクラーレン-ホンダのドライバーとなったアロンソは、「わたしのキャリアのなかでもチャレンジングな挑戦となり、アドレナリンを感じている。ホンダF1の第一印象は、シャシーやエンジンが別々なものではなく、一体感を感じることができた。」とテストの様子を語った。一方のジェンソン・バトンは日本語で「メルボルンが楽しみです。」と話し、報道陣にガッツポーズをしてみせた。

今シーズンのF1は、3月15日に開催されるオーストラリア・グランプリで開幕する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事