次期ミニ・コンバーチブルのウィンター・テスト

公開 : 2015.02.20 22:45  更新 : 2017.06.01 02:11

第3世代となるミニ・コンバーチブルが初めてのウィンター・テストを受けているスパイ・ショットを捉えることに成功した。以前にもミニ・コンバーチブルのスパイ・ショットの撮影に成功したが、その時の舞台はニュルブルクリンク・ノルドシェライフェだった。

新しいミニは3ドアと5ドアがデビューを果たしているが、これに続く第3世代のミニの3つめのボディ・バリエーションとなる。更には、この後、2015年中にクラブマンが登場するというスケージュルだ。

他のモデル同様、そのベースは使用用途が広いUKL1プラットフォームがベースだ。コンバーチブルの基本レイアウトは、前世代のミニ・今バーチブルと同様、4つのシートを持ち、折畳式のソフトトップが与えられる。

エンジンは、1.5ℓおよび2.0ℓのガソリン、そして1.5ℓのディーゼルで、それぞれターボチャージャーがオプションとして用意される。また、アイドリング・ストップ・システムを備え、ユーロ6のエミッション規制をクリアしている。その他のエンジン・ラインナップは、その後に追加されることになるだろう。

このミニ・コンバーチブルは、2015年後半の正式デビューを予定している。

関連テーマ

人気テーマ