JLRヘイルウッド工場が24時間体制に

2012.08.15

ジャガー・ランドローバーは、5ヶ月前に1,000人の新規募集を行ったばかりだが、今度はヘイルウッド工場が24時間体制とした。JLRの歴史の中でこれは初めてのことで、レンジローバー・イヴォークの需要に対応するための処置だという。実際、イヴォークは2011年7月の発表以来、88,000台が販売されている。

この新しい1,000人に、既存の4,500人を加えて、フェイスリフトされたランドローバー・フリーランダー2を含めて3交替制で生産が行われる。

ヘイルウッド工場のオペレーション・ディレクター、リチャード・エルスは「顧客がレンジローバー・イヴォークを待つ時間を減らすために、われわれは3交代で24時間働くことにした。」

JLRのHRディレクターのデス・サービーは以下のように付け加えた。「4,500人の従業員の数は、丁度3年前に較べると3倍の数となっている。」

 

人気記事