リンカーン・ナビゲーターを大幅改良

2015.07.07

フォード・ジャパン・リミテッドは、フルサイズSUV、ナビゲーターを大幅改良し、7月7日より発売する。

今回の大幅改良では、エクステリア、インテリアのデザイン刷新とともに、V6 3.5ℓエコブースト・エンジンを新たに搭載。また、可変コントロールダンピング・サスペンションを採用した。

今回新採用となったV6 3.5ℓツイン・ターボ・エコブースト・エンジンは、従来のV8 5.4ℓから大幅なダウンサイジングが図られたもの。パワーは385ps/5250rpm、トルクは63.6kg-m/2750rpmを発生する。また、1700rpmからピークトルクの90%を発生するユニットでもある。

一方、足回りには、走行中の車両を1000分の2秒毎にモニターし、サスペンションの設定を最適化する可変コントロールダンピング・サスペンションを採用。ハンドリング性能および快適性の向上が図られている。

価格は、10,280,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事