アウディRS6 / RS7パフォーマンスを発表

公開 : 2015.11.19 21:50  更新 : 2017.06.01 01:41

アウディのクワトロ・ディビジョンにより生産されるRS6アバント・パフォーマンスおよびRS7スポーツバック・パフォーマンスがロサンゼルス・モーターショーで公開され、そのスペックや価格の詳細が明らかになった。今月に英国で発売開始される2台のパフォーマンス・モデルは、46ps高めた最高出力と、5kg-m向上したトルクを与えられた高性能ワゴンと4ドア・クーペという顔ぶれだ。

高性能イグニッション・カットアウトの採用、ターボチャージャーのブースト圧向上によりエンジン制御システムを見直し、4輪駆動モデルのRS6とRS7スポーツバックに搭載される4.0ℓV8ガソリン・エンジンは最高出力605ps、最大トルク76.5kg-mを達成。先ごろ発表されたアウディS8プラスと同じスペックを誇る。

組み合わされるトランスミッションは、改良型の8速オートマティック。これ以外にもシャシーへのアップグレードを施し、これらのパフォーマンス・モデル2台は、0-100km/h加速を3.7秒で走り切る。この数値は、標準仕様に比べて0.2秒ほどタイムを早めたことになる。0-200km/h加速は12.1秒(標準仕様比-1.4秒)だ。

最高速はリミッターにより250km/hに制限されるが、オプション・パッケージの採用により、RS6は280km/hに、RS7は305km/hにアップグレードできる。

こうしたパフォーマンス向上にもかかわらず、複合燃費は標準仕様と同じレベルに留め、RS6は10.4km/ℓ、RS7は10.5km/ℓ。CO2排出量はそれぞれ223g/kmと221g/kmだ。

外観の変更点は、21インチ専用アロイホイールの採用で、RS6は285/30R21サイズを、RS7は275/30R21サイズのタイヤを履く。

価格は、RS6パフォーマンスが£86,000(1620万円)、RS7パフォーマンスが£91,600(1730万円)と見込まれる。アウディUKによると、英国でのデリバリーは2016年2月の予定だ。


▶ 2015 ロサンゼルス・モーターショー

 

人気記事