フォルクスワーゲン・マイクロバスEVをCESで公開

公開 : 2015.12.12 22:00  更新 : 2017.06.01 01:40

フォルクスワーゲンは、マイクロバスをベースとしたEVモデルを、来年1月にラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に出展する。

通常の内燃機関を持つマイクロバスは、2017年からメキシコのプエブラ工場で生産がスタートする予定だが、ほぼプロダクション・バージョンに近い完成度を持つマイクロバスEVも、そこに加わる可能性がある。

アウディR8 e-トロンや、アウディQ6 e-トロンに使われているフォルクスワーゲン・グループの最新のリチウムイオン・バッテリー・テクノロジーが採用され、その航続距離は400〜500kmとなるという。

エミッション・スキャンダルで失った信頼を回復するために、CESの直前の1月5日にはVWの乗用車部門のトップ、ハーバード・ディエスが基調講演を行う予定であり。

このマイクロバスEVは、従来のターボ月の4気筒ガソリンとディーゼルと共に生産が行われる。

関連テーマ

人気テーマ