プジョーの次世代のi-コクピットの写真が流出

公開 : 2016.04.16 22:30  更新 : 2017.06.01 01:33

プジョーの次世代のi-コクピット・ダッシュボードの写真がオンラインで流出した。この写真はプジョーが公式に発表したものではないが、ドライバー中止のレイアウトと、新しいデュアル・スクリーン・インフォテインメントがしっかりと見て取れる。

このi-コクピットは、まもなく発表されるプジョーのニュー・モデルに採用されると思われるもので、従来のダイヤルを捨ててTFTディスプレイを採用しているのが特徴。センター・コンソールのタッチ・スクリーン式のインフォテインメント・パネルは引き継がれる。

センタースクリーン下部に一列に並んだスイッチ類があることからもわかるとおり、すべてのスイッチがなくなるというものではない。

コクピットのレイアウトは、見慣れたプジョーのスタイルで、メーターナセルがステアリングの上に位置するものだが、そのデザインはすべてがドライバー中心にレイアウトするように見直されている。

ステアリングもフラット・トップ型で、これは、メーターナセルが見やすいように変形されたものだ。

この新しいi-コクピットがどのモデルに最初に搭載されるかだが、もうすぐといわれる208のフェイスリフトには採用されなそうだ。その代わり、今年の夏後半にデビューする新しい3008に初採用されることになると予想される。

関連テーマ