ポルシェ718ケイマンが国内初公開

2016.07.01


ポルシェ・ジャパンは水平対向4気筒エンジンを搭載したミド・クーペである718ケイマンおよび718ケイマンSを国内発表した。

フラット4ターボ・エンジンは718ボクスターと共通のもので、クーペとオープン・モデルの最高出力はこの世代で初めて共通となった。

718ケイマンの2.0ℓユニットの最高出力は300psを、718ケイマンSの2.5ℓユニットの最高出力は350psを発揮するようになった。

先代からのパワー・アップのために718ケイマンのブレーキ・システムはフロントに330mm、リアに299mmのディスクを採用。

一方718ケイマンSにはカレラの4ピストン式キャリパーと6mm厚いフロント・ディスクが採用される。

718ケイマン/718ケイマンSともに左右ハンドルと6速MT/7速PDKの両方が用意される。

価格は718ケイマンの6速MTが¥6,190,000、7速PDKが¥6,714,000。718ケイマンSの6速MTが¥8,130,000、7速PDKが¥8,654,000となっている。

メカニカル部分は718ボクスターと共通する部分がほとんどで、AUTOCARは既にテストを終えているため、以下の関連ニュースから詳細を確認されたい。


▶ カーレビュー / ポルシェ718ボクスター
▶ カーレビュー / ポルシェ718ボクスターS vs ロータス・エリーゼ
▶ 国内ニュース / ポルシェ718ボクスター、シークレット・ガレージ
▶ 国内ニュース / ポルシェ718ボクスターが日本初公開

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース