ルノー・トゥイージー英国で販売好調

公開 : 2012.11.07 11:24  更新 : 2017.06.01 01:05

ルノー・トゥイージーは、ルノーの英国での販売数で見れば最も人気のあるEVとなった。フルエンス・サルーンの1/4を売り上げたのだ。5ヶ月の間、カングーZEコマーシャル・バンが279台、フルエンス・サルーンが64台販売されたのに対し、トゥイージーはカングーよりも若干少ないが252台を販売したのだ。

ルノーのマーケティング・ディレクター、スティーブン・マーティンによれば「トゥイージーの成功は大きい」としているが、ルノー全体のEVセールスについては期待はずれだという。「全体のボリュームを見れば、われわれの予想以下だ。」とコメントしている。

ノーマンは、来年発売される予定のZOEハッチバックに期待をしている。「低重心で、並外れたロードホールディグを持つ。しかも絶対的な静粛性と、悪魔的な加速を占めす。」という。しかも、ZOEは、公称数字によれば210kmの航続距離を持つ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事