ジャガー・ランドローバー、SVOテクニカル・センターをオープン

公開 : 2016.07.12 04:30  更新 : 2017.06.01 01:28

ジャガー・ランドローバーは、£2000万(27億円)を掛けてSVO(スペシャル・ビークルズ・オペレーションズ)のテクニカル・センターを先週、コベントリー近くにオープンした。その敷地面積は20,000㎡だ。ここでは、2020年までに1年に付き1台の新しいSVRモデルを生み出す予定であるという。

マネージング・ディレクターのジョン・エドワーズによれば、SVOは現在の3,500台という生産規模から2020年までに40〜50%増しの生産規模となることを目論んでいるという。

現時点ではSVOモデルは3台。レンジローバー・スポーツSVR、レンジローバーSVオートバイオグラフィー、そしてジャガーF-タイプSVRだ。これに続くのは、ランドローバーをベースとしたモデルと予測されている。

現在、SVOでは200人以上のスタッフが熟練した技術でSVOの各モデルを生産している。更に、250人を増やす予定であるという。

エドワーズは、「SVOテクニカル・センターは、非常に現代的な設備だ。F1のエンジニアリング・センターからインスピレーションを受けている。」と語っている。

また、ジャガー・ランドローバーは、クラシック・ビジネス部門のために、SVOテクニカル・センターから50ヤード離れたと750万(10億円)かけた新しい建物も建設中だ。こちらは今年後半にも稼働することとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事