640km走れるピュアEV、ヘンリック・フィスカーの新メーカー

公開 : 2016.10.06 04:40  更新 : 2017.06.01 00:35

BMW Z8やアストンマーティンDB9のデザイナーとして知られるヘンリック・フィスカーは、Fisker Incというラグジュアリー・エレクトリックカー・メーカーを来年にローンチする予定だ。

ここで製造されるモデルはフィスカー・カルマの後継にあたるもので、これまでに類を見ないバッテリー・テクノロジーを採用するとフィスカーは話している。

Twitter上に投稿されたフィスカー社のティーザー写真は、ツードア・クーペのルックスを与えられており、ブルームバーグの情報によると航続可能距離は400mile(643km)に達するという。

バッテリーは姉妹企業のフィスカー・ナノテックが開発したもので、ナノテック社のCEOであるジャック・カバナフは「軽量化と新たなパッケージングの採用により、前例のないレベルにまでバッテリー性能を引き上げた」とブルームバーグに明かしている。

これ以外のモデルも将来的には予定されており、フィスカーによるとテスラ、メルセデスのEQブランドに敵対するラインアップを揃えるという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像

×