スパイカーC8プレリエーター・スパイダーをジュネーブで公開

公開 : 2017.03.03 15:36  更新 : 2017.06.01 00:28

オランダのスポーツカー・メーカー、スパイカーは昨年のジュネーブ・モーターショーでC8プレリエーターを発表したが、今年のジュネーブではそのスパイダー・モデルを公開する。

アウディ製の4.2ℓV8スーパーチャージャーを搭載

クーペ・ボディが発表されてから丁度1年後に、スパイカーはC8プレリエーターのスパイダー・モデルを発表する。そのティザー・フォトが公開されたが、オリジナルのクーペ・ボディのフォルムを崩さない、リムーバブル・ハードトップを装備したモデルと予想される。

エンジンは、クーペと同様にアウディ製の4.2ℓV8スーパーチャージャーで、525psと61.2kg-mのパワー、トルクを持つ。標準では6速マニュアル、オプションで6速オートマティック・トランスミッションが組み合わされ、駆動方式はRWDとなる。

クーペのパフォーマンスは、0-100km/h加速が3.7秒、最高速度は323km/hだが、クーペの1305kgよりもスパイダー・ボディは若干の重量増となるため、そのパフォーマンスは少しながら低下すると思われる。

プレリエーターのクーペ・モデルは50台の限定生産で、価格は£303,000(4,250万円)、オートマティックが£309,000(4.330万円)だった。スパイダーの価格はこれよりも高くなると予想される。



▶ 海外ニュース / スパイカーC8プレリエーター、ジュネーブで初公開

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事