ボロボロの中古ルノー・クリオ・ルノースポール182復活企画 第2話 アシ/エンジンに違和感

公開 : 2017.04.16 17:00  更新 : 2017.06.01 00:23

こんにちは。英国版AUTOCARのスタッフ・ライター、サムです。僕が書いた第1話、たくさんのひとがご覧になってくれたようです! 第2話。悲劇はつづきますよ……(涙)

ヤバそうだったら「寝かせる」という秘技

およそ19万kmを走ってきたクリオは、特段出来栄えが良いわけでもない。しかし警告灯がランダムに点いている状態でも、「善き相棒」であり続けようとする。涙ぐましい。

ただ、やはり警告灯というのは心中穏やかではいられない。「爆発したり、燃えたりしないだろうか?」そう思いながらイグニッションをひねった。

くしくもそういったことは起こらなかった。

クリオは2016年から久しぶりに目覚めたにも関わらず、何事もなかったかのようにおだやかな陽の下へ自らの体を進めた。

▶第1章をまだご覧になってないかたは、こちらから。


 

人気記事