フェラーリF150、ジュネーブで発表

公開 : 2013.02.09 12:51  更新 : 2017.06.01 01:46

フェラーリ・エンツォの後継モデルであり、F150のコードネームで開発されていたモデルがいよいよジュネーブ・モーターショーで登場する。

いまだフェラーリはその仕様については堅く口を閉ざしたままだが、F150はV12エンジンをHY-KERSハイブリッド・システムでバックアップすることは確かだ。また、そのメイン・モノコックはカーボンファイバー製で僅かに70kg。車輛全体の重量も1100kgほどでしかないという。

エンジン・パワーは750bhp、それに100bhpがプラスされるハイブリッド・システムで、疑う余地がなくF150はこれまでに製造されたクルマの中でも最速の市販車の1台となる。

関連テーマ

人気テーマ