クラシック・ミニ・エレクトリック 1台だけのコンセプト ニューヨーク・モーターショー

公開 : 2018.03.28 11:10

オリジナル・ミニの電気自動車「クラシック・ミニ・エレクトリック」が、発表されました。「イシゴニスが生きていたら、こんなクルマを開発しただろう」とは、ミニの幹部の言葉。ちょうど1年後には現代版ミニのEVモデルも公開されます。写真13枚!

オリジナル・ミニ ワンオフEVに

クラシック・ミニ・エレクトリックが、ニューヨーク・モーターショーに先駆けて公開された。

オリジナル・ミニのレストア車両をベースに、4気筒エンジンをエレクトリック・パワープラントに変更。その仕上がりについてミニの担当者は、「まごう事なきミニの走りのキャラクターと、ゼロ・エミッション性能をミックスしました」と語っている。

ニューヨーク・モーターショー向けに製作されたワンオフEVということからも分かるように、1年後に登場するBMWミニのEVモデルとは異なる車両だ。エンジニアたちがBMWミニのEV生産化に取り組んでいるこの時期に、マーケティング担当側としては認知を高めるべくクラシック・ミニに登場を願ったわけだ。


実車を目にすると、往年のシティカーのレシピが最先端のエレクトリック・テクノロジーにも通用することに驚かされる。

ミニを率いるセバスチャン・マッケンセンは言う。「同僚たちとよくこんな話をするのです。もしもイシゴニスが今ミニを開発するなら、絶対にEVにするはずだ」

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『クラシック・ミニ・エレクトリック』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×