グランドチェロキー誕生25周年 限定車「スターリングエディション」&改良型 6/9発売

2018.05.31

ジープのグランドチェロキーが、誕生25周年を迎えました。これを記念して、外観を精悍にした限定車「スターリングエディション」が発売されます。あわせてグランドチェロキー全モデルが、仕様変更を受けます。

シルバーパーツの加飾 125台限定

FCAジャパンは、ジープ・グランドチェロキーに、シルバーの加飾を施し装備も充実した限定車「スターリングエディション」を設定し、6月9日に発売する。

グランドチェロキーは1993年、ジープブランドのフラッグシップモデルとして誕生し、本年で25周年を迎えた。限定車名の「スターリング」は銀合金を意味し、結婚25周年の銀婚式にあやかって、シルバーのアクセントを随所に取り入れてた。

ベースグレードは「リミテッド」で、エクステリアにはシルバーアクセント付きのフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルなどを採用。さらにシルバールーフレールや25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなど、細部のデザインやカラーリングにもこだわった。


また、通常はオプションのデュアルペイン・パノラミックサンルーフや、ジープのヘリテージにインスピレーションを得た専用デザインの20インチ・アルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートを特別装備。さらにレザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントを追加し、豪華な仕立てとした。

スターリングエディションは限定125台で、価格は620万円。外装色と台数内訳は、ダイアモンドブラッククリスタルP/C(110台)、限定車専用色サングリアメタリックC/C(15台)。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事