M・ベンツAクラス新型 初のプラグイン・ハイブリッド車 2019年登場へ

公開 : 2018.06.19 11:40

新型メルセデス・ベンツAクラスには、初の「プラグイン・ハイブリッド車」が登場するとレポートされています。EV走行が可能で、エンジンが前輪、モーターが後輪を駆動する方式を取るようです。

EV走行可能 AクラスにPHEV

メルセデス・ベンツは、新型Aクラス用に、新開発のプラグイン・ハイブリッド・パワートレインを準備しているところだ。

搭載されるのは、EQパワー・シリーズの一環として開発された新パワーユニット。Aクラスとして初めて、ゼロ・エミッション走行を実現することになる。ライバルは、改良型が近々登場するアウディA3 e-トロンということになろう。

このユニットは、3代目Bクラス、新型SUVモデルのGLBへの採用も予定されており、目下多数のAクラス・プロトタイプに搭載してテストが行われている。AクラスPHEVの英国導入は、来年初頭になる見込みだ。

新型AクラスPHEVモデルのスペック情報も届いている。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事