ホンダ、インドネシアに新四輪車工場の建設決定

2012.03.15

ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーターは、ジャカルタ近郊にあるカラワン工業団地内の敷地に、年間生産能力12万台の新四輪車工場を建設することを決定した。同じくカラワン工業団地内の敷地にある生産能力6万台の既存工場と合わせたピー・ティ・ホンダプロスペクトモーターの生産能力は、合計して18万台となるという。

この新工場は2014年の稼働開始を予定。投資額は約3兆1,000億ルピア(約270億円)で、従業員数は約2,000名を計画している。タイとインドで既に発売している、当初は、アジア市場向けのブリオなどのを生産する予定で、さらなるラインアップ拡充も図っていくという。

また、現地部品調達率を50%から80%へと上げていくことも計画しているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×