BMW M5コンペティション、日本発売 625ps スペック/価格は?

2019.01.25

BMW M5をパワーアップした「M5コンペティション」が日本発売。足まわりを強化、ステリングを機敏に。従来以上にドライビングの喜びを味わえる「M」です。

新型8速Mステップトロニック採用

BMW M社が開発したBMW M5は、プレミアム・セグメントにおける高性能セダンとして、1984年に登場。2018年3月に6代目が発売された。

M5コンペティションは、BMW M5と同じV8エンジンを搭載しながらチューニングを施すことで、最高出力25psプラスとなる625psを実現。0-100km/h加速は3.3秒を達成した。そして、7mm車高を下げ、Mスポーツ・エグゾースト・システムを搭載することで、スポーティでダイナミックなドライビングを実現する。

エンジン特性は、基本設定の「スポーツ」「スポーツ・プラス」に変更可能で、アクセルペダル操作に対するレスポンスを走行状況に応じて段階的に早めることができる。

そのスポーツ走行をサポートするのが、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッション。ドライブロジック選択スイッチによって、シフト特性を3段階から選択し、状況に応じた最適なギヤ比設定とレスポンスをえる。

・モード1:効率的な走りをサポート
・モード2:シフト時間を短縮し、俊敏な走り
・モード3:シフト時間を最大限短縮

マニュアル・シフトに慣れたドライバーであれば、複数のギヤを飛び越えたシフト・ダウンも可能で、急カーブの手前などで一気に1速ギヤまで落とすなど、サーキットでのスポーティな走りに適した設定となっている。また、「モード3」では、エンジンがリミットに達したときの強制シフト・アップも行わないため、最大限自由に車両を操作することができる。

また、コイル・スプリングの設定は通常より約10%硬くなっており、コーナリング性能およびステアリング・レスポンスを最適化している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

BMWの人気画像

×