フィアット500/500Cスーパーイタリアン 専用ステッカー装着、190台限定

2019.02.20

フィアット500/500Cの限定車「スーパーイタリアン」が、3/2に発売されます。前フェンダーとリアゲートのステッカーがポイント。イタリア国旗と同じ3色を用意しました。

3/2発売 緑・白・赤の3色

FCAジャパンは、フィアット500(チンクエチェント)ベースの限定車「500スーパーイタリアン/500Cスーパーイタリアン」を、3月2日に190台の台数限定で発売する。

「500/500Cスーパーイタリアン」は、500、500Cの1.2ポップをベースに、イタリア車であることを強調したチンクエチェントの限定車。本限定車は、新たにフロントフェンダーとリアゲートに専用ステッカーをあしらうことで、常にイタリアらしさを感じられるようにした。

外装色は、ボサノバホワイト(500:100台限定/500C:50台限定)、パソドブレレッド(500のみ:20台限定)、ミントグリーン(500のみ:20台限定)の3色を設定。各々が相まってイタリア三色旗のイメージを彷彿させるとともに、上質で温かみを覚えるアイボリーカラー基調の内装は、一日の始まりを明るく演出する。

室内装備の主な特長として、ベース車と同様に、アップルカープレイ/アンドロイドオートのいずれにも対応するとともに、スマートフォン内の音楽やナビゲーションなどのアプリケーションを車内で利用できるインフォテインメント・システムUconnect ®が標準装備される。

価格は、「500スーパーイタリアン」が184万円(140台限定)、「500Cスーパーイタリアン」が244万円(50台限定)となっており、ベース車に比べてもお得なモデルとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事