ボルボ わずか9288円、セーフティ機能アップデート 90シリーズの既販車が対象

2019.02.20

2016年式以降のボルボ90シリーズをお持ちの方に、ニュースです。わずか9288円で、セーフティ機能を最新版にアップデートするソフトを、ボルボ・カー・ジャパンが発売しました。

90シリーズ向けに最新の安全機能を

ボルボ・カー・ジャパンは、2016〜2018年式90シリーズ(S90、V90、V90クロスカントリー、XC90)向けに先進安全・運転支援技術の最新機能4種を追加するアップグレードソフトウェアを発売した。

導入時期の異なるモデルに最新の先進安全技術を提供するのは、ボルボが掲げる「VISION 2020」に、大局的な視点で取り組む姿勢の表れであり、ユーザーの安全性や利便性に対して最大限配慮した方法として注目に値する。

追加できる先進安全・運転支援機能は、下記の通り。

 ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)
 ステアリング・アシスト付きBLISTM
(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
 オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)
 City Safety対向車対応機能

XC90(2016〜2017年式)、S90/V90/V90クロスカントリー(2017年式)が対象

価格:9288円

・ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)
道路から逸脱するような操舵を検知すると、スタアリング操作に介入し、必要に応じて元の車線へ戻すためのブレーキ制御を行う。

・ステアリング・アシスト付きBLISTM
(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
後方から近づく車両を知らせるBLISの作動中に、車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の走行車両と衝突する危険が生じた場合、操舵を修正し、衝突回避を支援する。

・オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)
ドライバーが意図せずに対向車線へ侵入し、衝突の危険が高い場合、操舵を補って、衝突回避を支援する。

XC90(2016〜2018年式)、S90/V90/V90クロスカントリー(2017〜2018年式)が対象

価格:9288円

・City Safety対向車対応機能
対向車線から自車線へ侵入してきた対向車の接近を検知。衝突を回避できない場合、衝突による被害を最小限に抑えるため、ブレーキを作動させ被害を軽減する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事