メルセデス・ベンツ日本、新型Eクラスを発売

2013.05.14

メルセデス・ベンツ日本は、Eクラス(セダン/ステーションワゴン)にマイナーチェンジを施し、5月14日から発売を開始した。

今回の新型Eクラスは、内外装のデザインのみならず、パワートレインや安全装備など計2,000箇所以上におよぶ変更が行われているという。

中でも最も大きな変化は、従来までのEクラスのトレードマークにもなっていた4灯ヘッドライトを廃止し、2灯式のLEDハイパフォーマンスヘッドライトとしたこと。また、中央に大型のスリーポインテッドスターを配したフロントグリルも特徴的だ。また、リアにも新デザインのLEDリアコンビネーションランプが採用されている。

エンジンは、E250(セダン/ステーションワゴン)、E250 アバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)に搭載される211PSを発揮する新開発2.0ℓ直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン、E350 BlueTECアバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)に搭載される252PSの3.0ℓV型6気筒BlueTECエンジン、E400 HYBRID アバンギャルドに搭載される306PSを発揮する3.5リッターV型6気筒BlueDIRECTエンジンと電気モーターのハイブリッド、E63AMG、E63 AMG 4MATIC(セダン/ステーションワゴン)に搭載される557PSの M157型5.5ℓV型8気筒直噴ツインターボ、そしてE63 AMG S、E63 AMG S 4MATIC(セダン/ステーションワゴン)に搭載される585PSの5.5ℓV型8気筒直噴ツインターボの5つ。

また、レーダーセーフティパッケージ、、ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)、BASプラス(飛び出し検知機能付ブレーキアシスト・プラス)、PRE-SAFEブレーキ(歩行者検知機能付)、リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)、アクティブブラインドスポットアシスト、アクティブレーンキーピングアシスト、アダプティブハイビームアシスト・プラス、アクティブパーキングアシスト、360°カメラシステムなどの安全装備が充実した。

価格は、据え置きで、5,950,000円から18,170,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事