BMW i8のインテリアをスクープ

公開 : 2013.07.03 16:00  更新 : 2017.06.01 02:16

BMW i8のインテリアがスクープされた。電気式のスピードメーターと3スポーク・ステアリングが見て取れる。また、その構造自体は現行のBMWの延長線上にあるようだ。

i8は今年に販売される予定だが、このプロダクション・バージョンは、以前の2つのコンセプト・モデルとは若干異なったスタイルが与えれている。しかし、ドラッグを減らすためのリア・ホイールハウスの上に付けられたフィンは保持されたままである。また、リアの独立したホイール・ハウジングもそのまま使われる。

センター・トンネルはアルミニウムから構成され、それにワシントン州でCO2フリーで製造される”ライフ”・モジュール・カーボンファイバー繊維で造られたボディが被せられる。

i8のエンジンは、215bhp、30.4kg-mの1.5ℓの3気筒ターボで後輪を動かし、前輪は128bhpの電気モーターで駆動される。両方合わせた出力は348bhp、56.1kg-mとなる。パフォーマンスは96km/hに4.6秒で達するとされている。ちなみに、電気モーターだけで35.4kmを走ることが可能だ。

i8は100,000ポンド(1,490万円)という価格が予定されている。