ステップワゴン、ステップワゴン・スパーダ、マイナーチェンジ

2012.04.05

ホンダはステップ・ワゴンおよびステップ・ワゴン・スパーダのFFモデルに、新開発のCVTを装着し、販売を開始した。

ステップ・ワゴンおよびステップ・ワゴン・スパーダに共通の変更点としては、新開発のCVTの採用、1列目シートへのセンターテーブル採用、2列目キャプテンシートの設定、2列目シート・センター・アームレストへのドリンクホルダー設定、リンクフリーに対応したホンダ・インターナビ+ETC装着車の設定など。また、全タイプにVSA、ヒルスタート・アシスト、全席3点式ELRシートベルトおよびヘッドレストなども装備されている。

ステップ・ワゴン専用の装備としては、新デザインのフロント・グリル、バンパー、LEDリアコンビネーション・ランプの採用、新色の追加など。

ステップ・ワゴン・スパーダ専用の装備としては、新デザインのLEDアクセサリーランプ内蔵フロントグリル、エアロフォルム・バンパー、ディスチャージ・ヘッドランプなどがあげられる。

価格は、ステップ・ワゴンが2,188,000円から3,398,000円まで、ステップ・ワゴン・スパーダが2,498,000円から3,472,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事