トヨタ、エジプトでSUVフォーチュナー組立のラインオフ

2012.04.10

トヨタ自動車と豊田通商及びエジプトの現地販売代理店であるToyota Egypt S.A.E.の合弁会社であるToyota Motor Engineering Egypt S.A.E.は、現地時間4月9日より、車両組立委託先であるArab American Vehicle Co.の工場にて、SUV、フォーチュナー組立のラインオフ式を実施した。式典は、エジプト・アラブ共和国のマフムード・イーサ通産大臣、ファイーザ・アブルナーガ計画・国際協力大臣、モハメド・カメル外務大臣など政府からの来賓、アラブ工業化機構のハムディ・ワヒバ会長、Arab American Vehicle Co.ののフセイン・ムスタファ会長、Toyota Motor Engineering Egypt S.A.E.の柳伸治社長、トヨタエジプトのアーメド・モンセフ社長、豊田通商の加留部淳社長、トヨタの井上尚之専務役員など、多数の関係者出席のもと行われた。

Arab American Vehicle Co.ではフォーチュナーの組立を年間3,000台程度を計画している。なお、Toyota Motor Engineering Egypt S.A.E.は、フォーチュナーの組立委託を行うとともに、車両の品質管理、需給管理、物流等のマネジメントを行っていくということだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース