パナメーラ、フェイスリフト

公開 : 2012.04.17 14:11  更新 : 2017.06.01 00:55

ポルシェは非常に売れているパナメーラのフェイスリフトを計画している。

ヘッドランプ、前後バンパーが修正され、そして論争の的となっているリアにはテールフィルが加えることとなる。パナメーラの新しいリアは、パンパーのモールディングがナンバープレート台座をも含めるカタチで一体となり、その上にテールフィンが付けられることになりそうだ。

3月のジュネーブ・ショーでスポットライトをまとったボクスターに続き、この新しいパナメーラは北京モーターショーで公開されることが決定した。

現在、この大きなポルシェのハッチバックは、ポルシェの売上の50%を占めるに至ったカイエンSUVに次ぐ売上を上げている。好調なセールスを受け止めるために、パナメーラとカイエンを生産しているライプツィヒ工場は、2シフトから3シフト制になるとレポートしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事