BMW 3シリーズに衝突回避・被害軽減ブレーキなどを全車標準装備

2013.08.28

ビー・エム・ダブリューは、3シリーズに、衝突回避・被害軽減ブレーキなど、安全性を高める新機能を新た全車標準装備し、8月28日より発売を開始した。

今回、全車標準装備となったドライビング・アシストは、衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する前車接近警告機能、追突が不可避な場合に短時間軽いブレーキをかけ衝突を回避・被害の軽減を図る衝突回避・被害軽減ブレーキ、車線の逸脱をドライバーに警告するレーン・ディパーチャー・ウォーニングが含まれたもの。また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。

更に、BMW SOSコールおよびBMWテレサービスも全車標準装備となった。BMW SOSコールは、万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介してSOSコールセンターに接続し、救急や消防といった機関の早急な手配が可能とするもの。BMWテレサービスは、車両のメインテナンスやバッテリー電圧の低下といった情報を、自動的に担当のBMW正規ディーラーに通知することにより、サービス予約が簡単となり、より正確なサービスを受けることが可能となるものだ。

価格は、4,590,000円から7,660,000円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース