フランクフルト・モーターショー:スズキiV-4コンセプト

公開 : 2013.09.11 22:20  更新 : 2017.06.01 02:15

スズキは、コンパクトSUVのコンセプト・モデル、iV-4をフランクフルト・モーターショーで公開した。このiV-4は日産ジュークに対するスズキの回答であり、来るべき年にラインナップに加えられる予定のモデルだ。

スズキはこのiV-4と同様に、新しいシティカー、ゆったりとしたスーパーミニ、すでに公表されているSX4Sクロス、そしてG70の生産も計画している。

スズキは、このiV-4がクラムシェル・フードと5つのスロットを持つグリルが採用されることを確認している。また、このコンセプト・モデルのフロント・グリルには照明が付く。

スズキはこのiV-4のプロダクション・バージョンが”現代のSUV”を代表するモデルになるとしている。

クラスで最も低いCO2放出量を持ち、オールグリップ4WDシステムを採用するとしている。サイズは、全長4215mm、全幅1850mm、全高1665mmだ。

スズキはこのiV-4がスズキのDNAを最もよく表しているモデルだと考えているようだ。生産は2015年が予定されている。

関連テーマ

人気テーマ