北京モーターショー:ルノー・タリスマン・サルーン

公開 : 2012.04.24 17:11  更新 : 2017.06.01 00:55

ルノーはタリスマン・サルーンを北京モーターショーで発表した。このモデルは実際はサムスンSM7の中国マーケット専用モデルである。

タリスマンは以前はサフランとして知られていたモデルで、韓国でSM7と一緒に生産が行われる。

両方のモデルとおルノー−日産のJ31プラットフォームを使用し、中国ではドンファン日産ティアナ・サルーンにも使われるものだ。

エンジンは187bhpの2.5リッターのV6、または254bhpの3.5リッターV6が搭載される。ギアボックスにはCVTまたは6速オートマティックが用意されるという。

中国以外にルノー・タリスマン・サルーンを販売する計画は現在のところはないということだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事