BMW、ロンドン・オリンピックをサポート

公開 : 2012.04.28 11:20  更新 : 2017.06.01 00:55

ロンドン・オリンピックおよびパラリンピックのオフィシャル・スポンサーであるBMWは、1,550台の3シリーズ・エフィシエント・ダイナミック・モデル、40台のEVミニ、20台の5シリーズ・ハイブリッドを含む3,000台のクルマを供給する。

7月27日から8月12日まで行われるイベントで、それぞれのモデルがサポートする内容も明らかにされた。

17台のBMW X3はトーチ・ラリーのサポートカーとして使われるのと同時に、さまざまなイベントを牽引する。アスリートは160台のゼロ・エミッションの1シリーズ・アクティブEで移動を行う。20台のハイブリッドを含む720台の5シリーズもシャトル便として使われる。

10台のBMX X5は馬術競技をサポートする。

1,550台の320dエフィシエント・ダイナミクスは、トーチラリーの公式指令車としても、また、技術委員の移動にも使われる。

40台のEVミニは会場間の輸送に、そして200台のミニ・カントリーマンは予め予約されたトランスポート・サービスに供される予定だ。

更にBMWはサイクリングなどの一般道を使う競技のために25台のオートバイも提供する。

ロンドンのゲームを組織するLOCOGでは、二酸化炭素雨の排出量について120g/kmを目標としていたが、BMWは116g/kmを成し遂げている。

BMW 1 シリーズ・アクティブE – 160台
ミニE – 40台
ミニ・カントリーマン・クーパーD – 200台
BMW 320d エフィシエント・ダイナミクス – 1,550台
BMW 520d エフィシエント・ダイナミクス – 700台
BMW 5シリーズ・アクティブ・ハイブリッド – 20台
BMW X3 xDrive 20d – 17台
BMW X5 xDrive 30d – 10台
BMW R1200 RT モータサイクル – 25台
BMW ストリート・クルーザー・バイシクル – 400台

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事