BMW3シリーズ・ツーリング発表

2012.05.15

BMWは、第5世代の3シリーズのツーリングを明らかにした。もちろん、アウディA4アバント、メルセデス・ベンツCクラス・エステートのライバルとなるモデルである。

前モデル同様、ツーリング・モデルは如何にも”荷物が詰めます”といったデザインがされているが、より大きな5シリーズが採用したように延長されたルーフとより傾斜のきつくなったリア・ウインドーが採り入れられている。

この3シリーズ・ツーリングは、リア・シートのレッグルームの拡大と、収納力の増大を重点において開発された。

英国では最も売れている3シリーズであるツーリングは、3つのエンジンが選択できる。それは既に3シリーズで採用されているもので、そのうち2つはディーゼルだ。

182bhpの38.7kg-mの2.0リッター4気筒は320dツーリングに、254bhp、57.1kg-mの3.0リッター6気筒は330dツーリングに搭載される。

320dツーリングは0-100km/hが7.7秒(オートマティックは7.6秒)、トップスピード230km/h、燃費は21.3km/l(オートマティックは21.7km/l)、CO2排出量は124g/km(オートマティックは122g/km)。330dツーリングは、0-100km/hが5.6秒、トップスピード250km/h、燃費は19.6km/l、CO2排出量は135g/kmという数値だ。

BMWは320dツーリングにはエフィシエント・ダイナミクス・モデルも用意しているが、それは来年英国でラウンチされる。また、英国市場でアウディA4オールロードに対抗するのは4WDの320dのxDriveになる。

英国においては唯一のガソリン・エンジンは2.0リッター4気筒の242bhp、35.7kg-mの328iツーリングだ。ギアボックスは6速マニュアルが標準で、8速マニュアルがオプションだ。0-100km/h加速が6.0秒、最高速度は250km/h、そして燃費は14.7km/l(オートマティックは15.4km/l)、CO2排出量は159g/km(オートマティックは152g/km)だ。

リア・シートが上がっている時の荷室容量は495リッターで、第4世代のツーリングよりも35リッター大きい。これはアウディA4アバントの490リッター、メルセデス・ベンツCクラス・エステートの485リッターにも大きい。また、リア・シートを折りたためば115リッター大きい1500リッターとなる。これは、アウディA4アバントよりも70リッター大きく、Cクラスと同じサイズだ。

 

人気記事