LAMBORGHINI SUPER TROFEO WORLD FINAL 2013

2013.11.21-23

ランボルギーニ・ブランパン・スーパー・トロフェオ」。その2013年の最終レースとなる「ワールドファイナル」が、ローマ近郊にあるアウトドローモ・バレルンガで決勝レースを迎えた。

2013年はヨーロッパ、北米、アジア・パシフィックでシリーズ戦が行われ、ワールドファイナルは成績上位者によって競われる。

ウエット・コンディションの中、2013年のワールドファイナルを制覇したのは、第1レースを2位、第2レースを1位でフィニッシュしたアンドリュー・パルマーだった。日本から参戦したドライバーも、第1レースで3位、第2レースでは2位となった織戸 学を始め、ファンを魅了する激しい戦いを展開してみせた。

  • このほかプロクラスには、中谷明彦選手も参加した。

  • アマチュアクラスには日本から2名のファイターが挑んだ。

  • 織戸選手はワールドファイナルで2レースとも表彰台を獲得。

  • 最終戦は雨だったが、悪天候を吹き飛ばすバトルが繰り広げられた。

  • ワールドファイナルのセーフティカーは、もちろんガヤルドだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×