トヨタ、米アラバマ工場でエンジンの生産能力を増強

2012.05.18

トヨタ自動車のアメリカにおける生産事業体Toyota Motor Manufacturing, Alabama, Inc.は、2014年3月より新たに3.5リッターV型6気筒2GRエンジンの生産を開始する。本エンジンの生産能力は年産約21.6万基で、これによりToyota Motor Manufacturing, Alabama, Inc.全体のエンジン生産能力は、現在の年産約50.6万基から約72.2万基となる。

またこの増強に伴う投資額は、建屋新設への投資も含め約8,000万ドル、新規雇用は125名を予定している。

現在、北米における2GRエンジンの生産は、Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc.とToyota Motor Manufacturing, West Virginia, Inc.で行っており、カムリ、ハイランダー、アバロン等に搭載されている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事